以下は 11月, 2016年で絞り込んだリストです。

2016年11月28日

<クロス円>長期は買い、短期は売り

2016年11月24日

勝ちパターンMISSION 001を動画で復習



もう2年前にFX MISSION ZERO掲示板で公開した動画です。

MISSION 001の原則や適用は不変ですので、
今見ても、十分現在の相場の見方に応用できます。

PDFだけでなく動画でも確認すると、MISSION 001への理解が深まると思います。


【勝ちパターンをしっかり身につけよう 勝ちパターン基本編】
vol.1 MISSION 001を探せ http://youtu.be/vaXs7ePJyDE


2016年11月21日

4時間足の勝ちパターンMISSION 001(売り)

 

今朝ご紹介する通貨ペアはふだんあまり取り上げない珍しい通貨ペアです。

 

ドル/トルコリラの4時間足。

 

mz5

 

センターライン、-1σ、-2σへの下落がメインシナリオです。

 

注目したいと思います。

2016年11月16日

勝ちパターン「MISSION 001」の復習

 

このブログでは勝ちパターンMISSION 001をお伝えしていますが、
今日は、最近の実例チャートをご紹介したいと思います。

 

ドル/カナダドルの4時間足です。


・ドル/カナダドル(4時間足)


mm


終値で+1σを下抜けたら売りサインです。

 

センターライン、-1σ、-2σが順に利食いポイント。

 

最終利食いターゲットである-2σに到達しています。

 


MISSION 001のトレードに取り組むだけでも、
証拠金は増えていきます。

 

もちろん、いつもお伝えしているように、
資金管理は前提条件です。


●資金管理セミナーDVD
http://www.xfine.info/dvd/fxmz-sikin/

2016年11月14日

ポンドクロス(上昇)とNZドルクロス(下落)に注目

 


お時間ある方はご覧ください。

 

 

先週の相場は、まったくのシナリオ通り、勝ちパターン通りに動きました。

 

今朝のチャートはポンド/NZドルの月足です。


日足で上昇方向に動き出しました。

 

このブログでは勝ちパターンのMISSION 001に絞ってご紹介しているのですが、
先週はこのポンド/NZドル、勝ちパターンMISSION 002(買い)が発生したと判断でき、
買い方向で利益を伸ばしやすい相場展開を想定しています。

 

注目すべきは月足です。

 

ボリンジャーバンドをみると、ボラティリティ(+2σと-2σの値幅)が9000pipsあります。

 

2000~3000pips上昇しても、驚く必要は少しもない相場だと考えるべきです。

 

…ということは、
たかだか数百pips下落したくらいでロスカットになるようなトレードをすると
残念な結果になるということが言えますね。

 

資金管理が重要な所以です。

http://www.xfine.info/dvd/fxmz-sikin/

 

他のNZドルクロス通貨ペアでは、
NZドル/カナダドルが先週日足でMISSION 001(売り)発生、順調に下落中です。

 

 

ニュージ―ランドで大規模な地震がありました。

 

被害が小さいことを祈ります。

 

地震の被害状況によっては、
NZドルクロスの下落を加速させる要因ともなるかもしれません。

2016年11月10日

米大統領選挙結果を受けて―本質を知れば爆発的利益に

 

昨日は、指値を使い、クロス円を下髭で買えました。

2016年11月09日

いよいよ米大統領が決定する日を迎えました

 

今回の大統領選挙のタイミングでは、

大きなイベントが利用されて、利益確定や損切りのポジション解消等が進み、


・長く売られ続けていた通貨ペアは上昇に転換

・長く買われ続けていた通貨ペアは下落に転換

・売られ始めた通貨ペアは下落加速

・買われ始めた通貨ペアは上昇加速

 

といった動きになる可能性を想定しています。

 

大統領選を触媒にして、ドル安へと大きく舵を切る可能性があると考えています。
(ドル/円は別の考え方です)

 

私自身は、一部のクロス円の買い方向への転換、
またこれまで売り込まれていたドルストレートでは、
ユーロ/ドル等を除いてドル安方向への転換をメインシナリオとしています。

 

そのため、結果的に、先月末くらいから、

一部のドルストレートではドル売りポジションを持っていますし、

一部のクロス円では、円売りポジションを持っています。

 


本日の相場の動きは非常に楽しみです。

 

大統領選の結果を待ちましょう。

 

このイベントからは、たくさんのことを学べると思います。

 

しっかり学ぶことができるためにも、ぜひリスク管理と資金管理はきっちり行ってください。

 

本来多くのことを学習できるはずの大イベントが、
自分の感情や自分のポジションにしか注意が向かず、
相場になど目が向かずに終わった、という結果にならないように…。

 

 

2016年11月03日

勝ちパターンがあれば売っても買っても利益になる

 

チャートはドル/スウェーデンクローナの日足です。

 

ef

 

昨日MISSION 001(売り)が発生し、その後、下落開始。

 

センターラインが第1利食いターゲットです。

 

売った場合は、含み益がある程度になったら、ストップを売値下に移動です。

 

今晩の米雇用統計で、一気に下げていくのか、
それとも違った動きをするのか、注目したいと思います。

 

米雇用統計もそうですが、米大統領選挙で大きく動くことが想定されます。

 

十分ご注意ください。

 

株にも為替にも共通することですが、
大統領選挙で誰が当選すれば上がる、下がるとさまざまな予想が立てられています。

 

これはすべて無視したほうがよいです。

 

上がるか下がるか、だれにもわかりません。

 

予想を立てる人たちは「わかるロジックがある」という前提で、
話を組みてているので、どうしても、
つじつま合わせに終始することになります。

 

相場は本当にわかりません。

 

わかるのは、エントリーポイントと利食いポイント、損切りポイントだけです。

 

買いたい人は買えばいいし、売りたい人は売ればいいのです。

 

自分に資金管理を含めた勝ちパターンがあるかどうか、それだけです。
それがあれば、買っても売っても勝つことができます。

有料コンテンツ

           

書籍

書籍

ブログ著者


鹿子木 健
(かなこぎ けん)

株式会社Kanakogi Ken 代表取締役
伊丹資産防衛研究所(Itami FX)主任研究員
特定非営利活動法人教育政策ラボラトリ ファシリテーター
(国・自治体・教育関連への支援・政策提言)

1974年熊本県生まれ。
延辺大学文学部比較言語学科(中国)卒。
中国に12年間滞在。
2004年 延辺科学技術大学教養学部で教鞭をとっていたがヘッドハンティングされ、赤字だった米資本学習塾の経営を立て直す。
2008年 米資企業のウェストチャイナ法人代表取締役に就任。
香港株、外貨、中国不動産、フィリピン不動産、ゴールド・オイルCFDなどで資産を約25倍に増やす。
中国、シンガポール、米国の投資家たちと交流し世界の投機資金の流れを読むことを学ぶ。
2009年 エフピーネット株式会社代表取締役・松島修氏主宰の「新イーグルフライ」と出会う。
2011年 同氏の著書に衝撃を受け、一部の中国商業不動産を除くすべての海外投資からの撤退を決め、FXに完全シフト。
FXシフト後も証拠金を数倍に増やす。

自らFXトレードで利益を出すだけでなく、手法の開発とコーチングができる数少ない投資家。
投資・ビジネス・教育・心理学など広い視野から相場の本質をつかみ、相場から永続的に利益を得る仕組みを構築・教えることができるのが強み。
ボリンジャーバンドだけを使った「10の勝ちパターン」を開発し、初心者から上級者まで多くの人々を成功へと導いている。
1日30分以内の取引で専業トレーダー以上に稼ぎ、経済的自由だけではなく、トレードからも自由、つまりトレード時間をゼロにすることを提唱している。