以下は 11月, 2015年で絞り込んだリストです。

2015年11月30日

豪ドルがらみで勝ちパターン発生


豪ドル/NZドルの日足で勝ちパターンMISSION 001の発生待ちでしたが、

 

http://www.fx-zero.com/?p=2375

 

先週後半からMISSION 001(売り)が発生しています。

 

blg2

 

月足でもMISSION 001発生の通貨が(終値未確定ですがほぼ確実)。

豪ドル/スイスフランです。

 

blg

 

月足なのですぐに買っていいというわけではありませんが、
今後数ヶ月~1、2年かけて大きく上昇がメインシナリオです。

日足では現在、買いポジションの利益確定のタイミングです。

また、日足で勝ちパターンMISSION 001(売り)が発生すれば
短期売り仕掛け狙いもおもしろそうです。

時間軸によって、シナリオも戦略も変わるということです。

 

2015年11月26日

MISSION 001発生待ち


チャートは豪ドル/NZドルの日足。

 

mz3

 

そろそろ、いつMISSION 001(売り)が発生するか、
気にし始めています。

 

2015年11月23日

勝ちパターンMISSION 001がNZドル/ドルでも発生


NZドル/ドルで、勝ちパターンMISSION 001(買い)が発生しています。

 

mz4

 

-1σ近辺まで押した場面は買い仕掛けで利益になる可能性が高い局面ですね。

指値だけ置いておく戦略もよいと思います。


ドル/円も売り方向のMISSION 001が発生中です。

 

mz2

 

今週の動きに注目ですね!

 

2015年11月19日

NYダウで発生した勝ちパターンMISSION 001のその後


ちょうど1週間前に、NYダウで勝ちパターンMISSION 001(売り)
が発生したことをご紹介しました。

 

http://www.fx-zero.com/?p=2310

 

その後、下落し、
MISSION 001(売り)の最終ターゲットである-2σに到達。

現在、-2σにタッチしてから反騰してきています。

 

us30

 

勝ちパターンMISSION 001を知っているだけで、利益になります。

*   *

これだけでも利益になるので他は必要ないかもしれませんが…

ミッションゼロでは「10の勝ちパターン」を公開しており、
このほかに9種類の勝ちパターンがあります。

MISSION 001 調整波を取る勝ちパターン
MISSION 002 トレンド開始に乗る勝ちパターン
MISSION 003 レンジ相場を味方につける勝ちパターン
MISSION 004 相場の谷間で取る勝ちパターン
MISSION 005 トレンドの分岐点で仕掛ける勝ちパターン
MISSION 006 押し目と戻りで仕掛ける勝ちパターン
MISSION 007 強化された抵抗を狙う勝ちパターン
MISSION 008 天井と大底を狙う勝ちパターン
MISSION 009 中長期的なレンジを狙う勝ちパターン
MISSION 010 お宝ポジション(長期)を構築する勝ちパターン

 

2015年11月16日

パリでの同時テロ事件を受けて


パリで発生したテロ事件を受けて、今週ユーロが下落するのか、
もし下落すれば下落幅はどの程度なのか、予想できません。

予想できませんが、現時点では、
その影響は限定的なのではないかと考えています。

かつてなら、週末に今回のテロ事件のようなことが起きると
100pips以上の窓開け(下落)で始まるのが当たり前でしたが、
今朝はユーロ/ドルで35pipsユーロ/円でも70pipsの窓開け。

ユーロ安というより円高傾向です。

個人的には、現在の相場は事件・事故・自然災害に
鈍感になっているようにも感じます。

(鈍感というより、あえて無視するというほうが正確か?)

今週を通して、テロ事件のみでは
大きなリスクオフに動く可能性は低いのではないか、
とイメージしています。

しかし仮に欧州株安でリスクオフの流れとなれば、
ユーロ安、円高に動いてもおかしくありません。

単発的なテロ事件では動じない相場も、
難民問題を切り口に欧州政治や欧州経済の構造的な問題に焦点が当てられると、
大きな混乱が始まる可能性はあると思います。

このような相場でこそ、

・勝ちパターンに忠実に従う
・ファンダメンタルズによる思い込みでトレードしない
・レバレッジを上げない
・ロスカットすべきところではロスカットする

が重要になってきます。

 

2015年11月12日

勝ちパターンMISSION 001が次々と発生?


チャートはカナダドル/スイスフランの日足です。

 

ef

 

+1σの攻防に注目です。

+1σを終値で下抜ければ、勝ちパターンMISSION 001(売り)が発生します。

現在、週足では+2σが抵抗になっているとの判断が可能なので、
日足のMISSION 001は売り仕掛けで
利益になりやすいポイントだと思います。


次にNYダウの日足。

 

us30

 

一昨日、勝ちパターンMISSION 001(売り)が発生後、
わずかながら下落傾向にあります。

利食いポイントは順に、センターライン、-1σ、-2σとなります。

 

2015年11月09日

第2回エフピーネット全国大会


先週末は第2回エフピーネット全国大会でした。

昨年は大阪での開催、今年は東京です。

140名を超える参加者があり、大盛況でした。


私も、短い時間でしたが、

■1日30分で短期~中長期まで自由自在に利益になるトレード

■自分で判断して利益にするための勝ちパターン

■ファンダメンタルズとテクニカルは目的でなく手段にすぎない

という3つのテーマでお話させていただきました。

   *   *

じゃんけん大会があり、景品に私のDVDも出品させていただきました。

★投資経験ゼロの方や超初心者のためのセミナーDVD(5名)

★10の勝ちパターン 徹底解説セミナーDVD7枚組(5名)

★10の勝ちパターン トレードスタイル別活用法(5名)

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

1 2

 

2015年11月05日

ゴールドもMISSION 001で下落!


本日は、ゴールド/ドル(XAU/USD)の日足チャートです。

 

XAUUSD

 

ゴールドが続落中です。

背景には、米ドル利上げ観測によって、
金利のつかないゴールドが売られる動きがあります。

ただ、ファンダメンタルズを知らなくとも、
チャートの動きだけで判断することは可能です。

MISSION 001(売り)発生を起点として、大きく下落していることが分かります。

厳密には、MISSION 001発生前のバンドウォークの本数が1本足りませんが、
下落方向のシナリオ(売り目線)であるならば十分許容範囲です。

ちなみに、ゴールドは中期的には買いではなく売りであり、
900ドル近辺まで下げる可能性があることを、これまで繰り返し書いています。
(あくまで可能性であり、予想ではありません。)

900ドルで下げ止まるかどうかは不明ですが、
私は900ドルから800ドルのゾーンで長期の買いを入れる心の準備をしています。

現時点でのシナリオ(ただし短期は手仕舞いポイント)
短期:現在売りポジションの利食いポイント
中期:続落
長期:底を打った後大きく上昇

相場で安定して利益を上げるには、
短期的な動き、中期的な動き、長期的な動きをそれぞれ分けて把握しておく必要があります。

シナリオを立てることは必須です。

シナリオがなくただたんに日々の値動きだけを追っていると、
値動き自体に翻弄され、下げれば驚き、慌て、
上げても驚き、慌てるということの繰り返しになります。

金などは、仮に800ドルまで下げれば、狼狽する相場になる(誰も手が出せない)と思いますが、
あらかじめそこまで下げると心の準備ができていれば、
狙いすまして買うことができます。

月足や週足はこれまでほとんど見たこともない、という方も多いかもしれませんが、
月足や週足は収益を上げるための力強い味方になってくれますから、
ぜひ親しんでいただきたいです。

デイトレードをする場合も同じです。

短期、中期、長期と区分してシナリオを立てることが、安定して利益をもたらします。

デイトレだからと5分足だけを追っているような人は、99%負け組となります。

勝っているデイトレーダーは、必ず5分足、1時間足、そして日足と、
その動きを把握しシナリオを立てています。

   *   *

※無料メルマガをお申込みになった方に、
勝ちパターン「MISSION 001」の詳細解説PDFをプレゼントしています。

 

2015年11月02日

カナダドルスイスフラン月足でMISSION 001(買い)発生


今朝のチャートはカナダドル/スイスフランの月足です。

 

mz3

 

10月の終値が確定し、月足でMISSION 001(買い)が発生しました。

日足や週足での買い方向(買い目線)の勝ちパターンを買うと、
利益になる可能性が高そうです。

或いは、1年くらい放置しておける場合は、ごく低レバレッジで、
少しずつ(今後1~2ヶ月くらいで?)長期ポジションを構築してみるのもおもしろそうですね。

 

有料コンテンツ

           

書籍

書籍

ブログ著者


鹿子木 健
(かなこぎ けん)

株式会社Kanakogi Ken 代表取締役
伊丹資産防衛研究所(Itami FX)主任研究員
特定非営利活動法人教育政策ラボラトリ ファシリテーター
(国・自治体・教育関連への支援・政策提言)

1974年熊本県生まれ。
延辺大学文学部比較言語学科(中国)卒。
中国に12年間滞在。
2004年 延辺科学技術大学教養学部で教鞭をとっていたがヘッドハンティングされ、赤字だった米資本学習塾の経営を立て直す。
2008年 米資企業のウェストチャイナ法人代表取締役に就任。
香港株、外貨、中国不動産、フィリピン不動産、ゴールド・オイルCFDなどで資産を約25倍に増やす。
中国、シンガポール、米国の投資家たちと交流し世界の投機資金の流れを読むことを学ぶ。
2009年 エフピーネット株式会社代表取締役・松島修氏主宰の「新イーグルフライ」と出会う。
2011年 同氏の著書に衝撃を受け、一部の中国商業不動産を除くすべての海外投資からの撤退を決め、FXに完全シフト。
FXシフト後も証拠金を数倍に増やす。

自らFXトレードで利益を出すだけでなく、手法の開発とコーチングができる数少ない投資家。
投資・ビジネス・教育・心理学など広い視野から相場の本質をつかみ、相場から永続的に利益を得る仕組みを構築・教えることができるのが強み。
ボリンジャーバンドだけを使った「10の勝ちパターン」を開発し、初心者から上級者まで多くの人々を成功へと導いている。
1日30分以内の取引で専業トレーダー以上に稼ぎ、経済的自由だけではなく、トレードからも自由、つまりトレード時間をゼロにすることを提唱している。