以下は 6月, 2015年で絞り込んだリストです。

2015年06月29日

ユーロ利益確定


今朝は、先週売っていた

・ユーロ/円
・ユーロ/豪ドル
・ユーロ/NZドル
・スイスフラン/円

の利益確定をしました。

(FX MISSION ZERO掲示板で私のエントリー、エグジット、ポジション管理を公開しています)

いずれも大きく動いてくれたので、平均300pipsほどの利益です。

一部残してあるポジションもありますが、短期は手仕舞いしました。

気持ちよく6月を終えられそうですね。


さて、チャートはポンド/カナダドルの日足です。

 

mz3

 

MISSION 001(売り)発生しました。

終値で+1σを下回り続ける限りは売り戦略が有利です。

 

2015年06月25日

ユーロ/NZドルの日足でMISSION 001発生!


チャートはユーロ/NZドルの日足です。

 

mz3

 

日足でMISSION 001(売り)が発生しました。

ユーロ/NZドルはかなり一本調子の上昇を続けてきました。

(日足では45営業日の上昇、週足では9週間の上昇)。

日足MISSION 001は本格的な調整相場入りのサインである可能性があります。



朝だけ30分トレード(もちろん夜だけ、昼だけ等の場合も同じ)の利点の1つは、
「いつも相場のことで頭がいっぱい」という状態にならないことです。

私もそうですが、多少面倒くさくてもルーチンとして毎朝エントリーとエグジット、
そしてポジション調整をたんたんと繰り返していける仕組みがあると、
確実に利益が積み重なっていきます。


プロディーラー等特別な例外を除いては、
トレードのことで頭がいっぱいの状態では何も良いことはありません。

相場に真剣に向き合いトレードに真剣に取り組むことと、
相場が常に気になりいつもトレードしていないと気が済まないことは、
まったく異なる状態です。

前者は勝っている人、後者は負けている人によくある状態ですね。

もちろん損切りが続いたり、
エントリーポイントが分かりにくく見送りが多かったり
ということもあるでしょうが、
トータルで利益にしていくことができます。


大事なことは、トレードの風通しを良くする、ということです。

換言すれば、水道管がつまらないようにすることです。

食べることと消費すること(出すことも)、
受けることと与えること…等と共通していることです。

出口が詰まっていると、新鮮な水が流れてこないし、
美味しいものも美味しく感じられないし、
チャンスがあっても乗れないです。

受けてばかりで与えないと、腐ってしまいます。

学んでばかりで実践しないと、学びが逆に足かせになります。


入口と出口がいつも開いている状態が健全な状態です。

そして自由に循環している状態。

水も、お金もそうですが、
トレードも同じだと私は考えています。

ポジションを持っていても持っていなくても、
利益が乗っていても損失がわりとあっても、
新しいエントリーには常にオープンでいて、
決済すること(利食い、損切りの両方)にも常にオープンでいる状態。

それが、入口と出口がいつも開いていて風通しのよい状態です。

そんな状態をキープするためには、やはり、
勝ちパターンに反応することが習慣化することと、
レバレッジを低くすることが習慣化することが鍵なのですよね…。

 

2015年06月23日

ユーロ急落


ユーロ/ドル(日足)↓

 

eurusd

 

ユーロ/円(日足)↓

 

eurjpy

 

ユーロ/ポンド(週足)↓

 

eurgbp

 

ユーロ/豪ドル(日足)↓

 

euraud

 

ユーロ/カナダドル(日足)↓

 

eurcad

 

2015年06月22日

ギリシャ以外の突発的材料に不意を突かれることも


6月も下旬に入りました。

今月が終われば、今年の半分が過ぎたことになります。

半年のトりレードを振り返ってみるのもよいでしょう。


自分のトレードを振り返るのは大事なことです。

振り返るのが嫌だと感じる人や、面倒だと感じる人のほとんどは、
自分で決めたトレード・ルールを守っていない人です。

或いは、ルールも決めていない人もいるかもしれません。


ロスカット・ルールは決めていますか?

ロスカットは証拠金の最大何パーセントまでか、決めているでしょうか?

含み益になったらストップ移動…このルールも決めているでしょうか?

トレード記録はつけているでしょうか?

もう一度、基本の基本に立ち戻ってみましょう。


今週はギリシャ関連の材料で相場が乱高下する可能性が高まりますので、
特にレバレッジ管理(ポジション管理)や
ストップの管理には注意するよう心かげてください。


市場はギリシャのデフォルトリスクに対しては
十分な心備えができていると思いますが、
人々の関心がギリシャに向いている時に突然
紛争・戦争が起こったり、自然災害が起こったりすると、
不意を突かれた形で相場は混乱します。

市場の関心が1つの問題に集中している時には、
無防備なところから発生する材料の影響も大きくなります。

市場の関心がギリシャ一色となっている時に不意を突かれるのは偶然だけではなく、
人為的な動きによることもあり得ます。

 

2015年06月19日

■投資経験ゼロの方や超初心者のためのセミナーDVD販売のお知らせ■


以前より、ご要望をいただいておりました
「投資経験ゼロの方や超初心者のためのセミナーDVD」
の販売を開始しました。
↓  ↓  ↓  ↓

http://xfine.info/dvd/fxmz-beg/

 

本セミナーDVDは、2015年1月24日に開催された
「投資経験ゼロの方や超初心者のためのセミナー」
をDVD化したものです。

FX取引では、9割の人が利益を出していないと言われますが、
これは、誤った情報の氾濫が最大の原因です。

勝ちパターンを知り、
ルール通りにトレードをすることが利益になります。

本当に必要な情報に絞ることが大切です。

是非、皆さんに成功するトレードの基本を
身に着けていだきたいと思います。


本DVDには、発表と同時に約800件の申し込みがあった
FX MISSION ZEROの重要な基礎である
勝ちパターン1(MISSION 001)を解説した動画も収録されています。

本DVDをお客様のトレードにご活用いただければ幸いです。


主な内容:
・投資をする前の心構え
・FX取引の基礎的なことや注意点
・チャートやインジケーターの見方
・資金管理の方法
・利益を狙いやすいFX MISSION ZEROの勝ちパターン1を
実例チャートを使用して解説

FX取引の基本的な説明がメインになりますので、
初心者向けの内容になっていますが、
経験のある方も投資をする前の心構えや資金管理方法など
振り返って学ぶことができます。

セミナーDVDで使用されている資料は
購入履歴からダウンロードすることができます。


FX MISSION ZERO会員のお客様は、
会員価格でご購入いただけます。↓

投資経験ゼロの方や超初心者のためのセミナーDVD
(FX MISSION ZERO会員様用)
↓  ↓  ↓  ↓

http://xfine.info/dvd/fxmz-begmsp/

 

2015年06月18日

FOMC後のドル/円とイエレンコメント


チャートはドル/円の日足です。

 

mz1

 

ザラ場では、昨夜(NY時間午後)のFOMCへの期待から上昇しましたが、
+1σ近辺まで上髭を伸ばしてセンターラインに戻ってきました。

イエレンFRB議長の慎重に言葉を選ぶ発言に、早期利上げ期待が挫かれた…
といった便利な説明ができるのでしょうが、何も特別なことはありません。


イエレンさんの発言は概ね以下のような内容です。

矢印はイエレンさんが市場に発したメッセージ(と私が解釈したもの)。

「雇用は強くなった」
→利上げの根拠はあるので利上げはしますからね

「インフレはまだ弱い」
→利上げ根拠は弱いから利上げするとしても急な利上げはないですよ

「利上げの時期はまだ決まっていない」
→早期利上げ予想で市場を混乱させないでくださいね

「年内利上げは正当化される」
→利上げは必ずしますから「利上げはない」と勝手に解釈しないでね

「経済情勢はまだ今年の利上げを正当化しない」
→本来利上げしなくてもいいが市場の期待に応えるためにあえて利上げするのですからね

「漸進的な利上げしか正当化しない」
→利上げは1回でするのではなくて長期間かけてじっくりやっていくから、利上げにあまり反応しないでね

「初回利上げの重要性に神経質になる必要なし」
→最初の利上げがあったからといって利上げ基調に入ったと解釈しないでね

「ドルは安定している」
→ドル高懸念などという材料を勝手に作り出さないでね

「ドル高は米経済に(負の)影響あり」
→ドルをあまり買わないでね

「最近1年のドルの上昇は著しい」
→客観的に見てドルはもう買われ過ぎだとあなたたちも分かっているでしょう?

「ドル高でも利上げが可能」
→だからと言って利上げを中止することはないから、「ドル高だから利上げは先延ばしと勝手に解釈しないでね

「今年、利上げを正当化する強い指標が表れると予想」
→経済は強くなっていきます、米経済には楽観的、つまり利上げはできます


FRBとしては、利上げを既定路線にして、
利上げをドル相場の材料からフェードアウトさせたいのだと思います。

利上げ時の混乱を最小限に抑えるための知恵が総動員された賢明なコメントだと思います。


さて、上髭を伸ばしたということは、売り圧力が高いことを示します。

センターライン下抜け、-1σ或いは-2σまでの下押しのシナリオに変更はありません。

 

2015年06月15日

MISSION 001のエントリーチャンスが続々…


チャートはユーロ/豪ドルの日足です。

 

15061505

 

先週金曜日にMISSION 001(売り)が発生していたのですが、
本日は窓開けしてMISSION 001(売り)のシナリオが確定。

仮にシナリオ通りならば、今週下落速度を速めていく可能性があります。

週足や月足もおもしろい形をしているので、中長期の展開にも要注目の通貨ペアです。


スイスフラン/円もMISSION 001(売り)です。

 

15061502

 

その他、ユーロ/円等、あれもこれも、MISSION 001が発生しています。

MISSION 001だけ覚えれば利益になりますね。

 

2015年06月11日

勝ちパターン(MISSION 001)通りの動きに


まずドル/円の日足。

 

ef1

 

次はドル/カナダドルの日足です。

 

ef2

 

市場が要人発言や経済指標等に揺さぶられているような印象を
もっている方が多いと思いますが、
実は、勝ちパターン通りに動いているだけです。


皆さんもご経験おありだとは思いますが、
ファンダメンタルズだけを拠り所にしていたのでは利益になりません。

人はシンプルなものより複雑なロジックや手法をありがたがるものですが、
シンプルなものにこそ真理が隠されていると私は思っています。

 

2015年06月08日

MISSION 001発生!(USD/CAD)


ドル/カナダドルの日足でMISSION 001(売り)が発生しました。

 

mz2

 

月足では高値圏を示唆しているので、
日足で売ってみるのも悪くはないのだと思います。

 

2015年06月04日

MISSION 001だけでも勝てます


MISSION ZEROには10の勝ちパターンがありますが、
そのうちの1つ、MISSION 001だけでも、
トータルで利益にし続けることが可能です。

今日は最近発生したMISSION 001をご紹介。

ポンド/豪ドルの日足です。

 

ef

 

他の勝ちパターンも発生していたので、
私は2.0から売り仕掛けして現在300pips近い含み益になっていますが、
MISSION 001でも追加エントリーしました。

エグジットの目安も明快で、迷うことがありません。


MISSION 001については、
無料ダウンロードのPDFで詳細な説明をしています。

 

« 古い記事へ

有料コンテンツ

           

書籍

書籍

ブログ著者


鹿子木 健
(かなこぎ けん)

株式会社Kanakogi Ken 代表取締役
伊丹資産防衛研究所(Itami FX)主任研究員
特定非営利活動法人教育政策ラボラトリ ファシリテーター
(国・自治体・教育関連への支援・政策提言)

1974年熊本県生まれ。
延辺大学文学部比較言語学科(中国)卒。
中国に12年間滞在。
2004年 延辺科学技術大学教養学部で教鞭をとっていたがヘッドハンティングされ、赤字だった米資本学習塾の経営を立て直す。
2008年 米資企業のウェストチャイナ法人代表取締役に就任。
香港株、外貨、中国不動産、フィリピン不動産、ゴールド・オイルCFDなどで資産を約25倍に増やす。
中国、シンガポール、米国の投資家たちと交流し世界の投機資金の流れを読むことを学ぶ。
2009年 エフピーネット株式会社代表取締役・松島修氏主宰の「新イーグルフライ」と出会う。
2011年 同氏の著書に衝撃を受け、一部の中国商業不動産を除くすべての海外投資からの撤退を決め、FXに完全シフト。
FXシフト後も証拠金を数倍に増やす。

自らFXトレードで利益を出すだけでなく、手法の開発とコーチングができる数少ない投資家。
投資・ビジネス・教育・心理学など広い視野から相場の本質をつかみ、相場から永続的に利益を得る仕組みを構築・教えることができるのが強み。
ボリンジャーバンドだけを使った「10の勝ちパターン」を開発し、初心者から上級者まで多くの人々を成功へと導いている。
1日30分以内の取引で専業トレーダー以上に稼ぎ、経済的自由だけではなく、トレードからも自由、つまりトレード時間をゼロにすることを提唱している。