以下は 2月, 2015年で絞り込んだリストです。

2015年02月26日

スウェーデンクローナが避難通貨として注目されるか



現在、注目しているのはスカンジナビア通貨です。



ノルウェークローナは週足でMISSION 001(売り)が発生し、

その後+1σタッチできれいに反落開始しています。



しかし個人的により注目したいのはスウェーデンクローナです。



ドル/スウェーデンクローナ(日足)↓

 

ef

 

ユーロ/スウェーデンクローナ(週足)↓

 

ef2

 

スウェーデンクローナは、これまで、

ドルに対してもユーロに対しても売られていましたが、

ユーロの避難通貨として注目され始めるのではないかと考えています。



個人的には特にユーロ/スウェーデンクローナの動きを追っていきたいと思っています。

 

2015年02月22日

ポンド/円の売り仕掛けポイント分析

(FX MISSION ZERO掲示板からの一部抜粋です。)



■本日はポンド/円の売り仕掛けポイント分析を行います。



・ポンド/円(月足)↓

 

mm3

 

【1】月足でMISSION 001(売り)が発生しており、
月足の流れは下落方向に変化したとのシナリオ。



現在、+1σを上抜けて上昇していますが、
先月MISSION 001(売り)のサインが出ているので、
終値では+1σ近辺に戻る可能性が高いとの前提です。



しかし、現在その判断はできないので、
短い時間足での判断を優先することになります。





・ポンド/円(週足)↓

 

mm2

 

【2】週足ではMISSION 004(売り)のポイントに近いと
判断することができます。



週足の+1σにもっと近づいてくれたら売りやすいのですが、
売る場合、ストップの設定がカギになると判断します。





・ポンド/円(4時間足)↓

 

mm1

 

【3】興味深いのが4時間足です。



105MAの20時間足+1σを終値で下抜け、
MISSION 001(売り)発生の形となっています。



しかも、その後+1σ近辺に戻しており、
4時間足の世界では、絶好の売りポイントとの判断も可能です。





・ポンド/円(長期週足)↓

 

mm4

 

【4】仮にこのまま反落開始し今後下落速度を強める場合は、
ヘッド&ショルダーが完成します。



ただし、ヘッド&ショルダーなどは事前予想するものではないので、
月足や週足で売りの勝ちパターンが発生していることを根拠に
シナリオを立てていることが前提です。



結果的にそうなる可能性があるという意味です。





※FX MISSION ZERO掲示板&メルマガでは、
各勝ちパターンの実践方法についての解説、

また各エントリーについて、エントリー価格、ストップ価格、

リミット価格などの価格情報なども公開しています。

 

http://www.fire-bull.info/fxmz/

 

2015年02月19日

現在のドル/円相場で確実に利益にする方法



昨日はFOMC議事録の公開がきっかけとなり、下げました。



ドル/円(週足) ↓

 

mz2

 

議事録の内容に、ドル高を牽制する発言内容があったもようです。



しかし、ファンダメンタルズは触媒に過ぎません。



相場が動きたがっている方向に動くためのきっかけとなる材料を待っており、
それが出てきたら反応するという具合です。



ですから、相場がもともと下げたがっていたと理解するほうがよいです。





発生している週足のMISSION 001(売り)が効いているのでしょう。



●大きな時間足でMISSION 001(売り)が発生している場合は上限を売る
●大きな時間足でMISSION 001(買い)が発生している場合は下限を買う



これだけでよいと思います。



勝ちパターンが崩れれば、もちろん撤退です。





「強気の材料が出たから買い」「弱気の材料が出たから売り」
というような取引を繰り返していると、
精神的に疲弊するだけでなく、利益にもなりません。
逆に往復びんたをくらうことも少なくないと思います。

 

2015年02月17日

ポンド/円短期・中期分析



ポンド/円の日足チャートです。





日足ボリンジャーバンドと、週足ボリンジャーバンド、

2種類のボリンジャーバンドを表示させています。





FX MISSION ZERO仲間ののりちゃんが教えてくださった方法です。



日足チャートを見ながら週足の勝ちパターン発生も視認できるので、

スグレモノチャートです。

 

blog

 

さて、週足で勝ちパターンMISSION 004(売り)

が発生する価格とタイミングが近付いており、

注目していたポンド/円。



シナリオ通り動けばヘッド&ショルダーを形成する可能性も出てきました。





ポンド/円に注目しているもう1つの理由は、 月足で、

おなじみのMISSION 001(売り)が発生していることです。



月足の上髭で売れるタイミングと見ていました。

 

2015年02月12日

勝ちパターンはCFDにも有効



今週はメルマガで、

勝ちパターンがゴールドやオイルのCFDにも

同様にワークすることを書いていました。





勝ちパターン(MISSION)には、

MISSION 001から010までの10種類があるのですが、

そのすべてがCFD相場にも発生します。





本ブログではMISSION 001に絞ってご紹介しているので、

MISSION 001のチャートを載せてみますね。







■チャート1枚目 日経225(日足)



MISSION 001が発生後、しっかり利益になっている相場です。

 

日経225(日足)

 

■チャート2枚目 香港ハンセン指数(週足)



真ん中の丸印がMISSION 001です。



きれいに発生しています。

 

香港ハンセン指数(週足)

 

どんな相場でも、相場の本質は変化しないので、

自分の勝ちパターンをいったん持つことができれば、

FXに限らず他の投資でも利益にすることができるという好例です。





FXに興味がなければ無理にFXをする必要はありません。





日足や週足等で日経225やゴールドなどをゆったり取引して利益にしていくためにも、

10の勝ちパターンは非常に有効なのだということを、 今日はご紹介してみました。

 

2015年02月09日

迷った時はノーエントリー





2月も中盤に差し掛かろうとしています。





トレードでは、迷った局面はエントリーしないのが鉄則です。



可能性が高く、自分の勝ちパターンに合致する方向だけに

エントリーするよう心がけていれば、証拠金は勝手に増えていきます。





もう1つのことは、常に最悪のシナリオも

頭のどこかにおきながら エントリーの判断をすること。



たとえ勝ちパターンに合致しており、可能性が高いと判断しても、

相場に絶対はないので、 想定外のことが常に起こり得ます。



「この場合の最悪とは何か?」に注意していると、

リスク管理を徹底できると思います。





ちなみに、私が現在注目している通貨ペアは

・ポンド/豪ドル

・ユーロ/豪ドル

・ドル/カナダドル

・ユーロ/ポンド

です。





今週もストレスなく楽しいトレードをしましょう。

 

2015年02月05日

ドル/円短期分析



週足でMISSION 001(売り)が発生している

ドル/円の短期の動きを分析してみたいと思います。







チャートを3枚添付しました。



・4時間足

 

ef4

 

・日足

 

efd

 

・週足

 

efw

 

それぞれトレンドラインを引いていますが、同じラインです。



ラインを引いてから、チャートの時間軸を変えただけです。







1、トレンドゾーンが下方向なので、下落方向のトレンドということが分かります。



2、ゾーンを抜けた方向に大きく動き出す可能性が高いことが想定されます。



3、週足でMISSION 001(売り)発生中なので、基本、バイアスは下落方向と読むことが可能です。







明日は米雇用統計なので、無理はしたくないですね



****************************



■MISSION 001について■
下記のURLまたはトップページ左「特別レポートプレゼント」のバナーから
勝ちパターン「MISSION 001」を詳細に解説した資料を無料ダウンロードできるようになっています。

 

http://fx-zero.com/mag/

 

2015年02月02日

チャート分析から2月のドル/円の動きを予測する



ドル/円の週足チャートを添付しました。

 

ef1

 

週足でMISSION 001(売り)が発生して以来、



一貫して売り目線でドル/円相場を眺めています。







仮に本格的に下落開始した場合、



どこまで下げる可能性があるか、考えてみました。







添付のチャートは週足ですが、



長い期間の相場を見れるように、



ロウソク足を細くしています。



チャート画像内の範囲だけでも、



調整がこれまで3度発生していたことが分かります。







いずれも、視認的にはMISSION 001です。







普段あまり使わないですが、



フィボナッチで過去3回の調整の値幅を調べてみると、



1回目が50%戻し、



2回目が61.8%戻し、



3回目が38.2%戻しとなっています。







今回、どこまで下げるかわかりませんが、



38.2%戻しの場合は114円割れ



50%戻しの場合は111円台



61.8%戻しの場合は109円台になります。



相場は絶対ではないので「下げる」という予測自体にも



確信を持ってはいけませんが、仮に下げた場合、



このくらい下げてもおかしくないということです。







相場は慣れる」「相場は飽きる」



この2つが相場の本質の1つである時間の要素からの考え方です。



110円に下げたとしても全然大したことはないですが、



市場参加者が120円水準に慣れてしまっているので、



「暴落」と感じることでしょう。







予想以上のリスクオフを誘発する可能性もあります。



また、時間的に120円水準に飽きてしまっているので、



どこかで大きく動きだすのは必然と言えるのでしょう。







相場の本質を学ぶと、MISSION 001がもっとよく理解できるようになります。



****************************
■勝ちパターン「MISSION 001」について■

ブログ左上から無料メルマガをお申込みされると解説レポートがダウンロードできるようになっています。

 

有料コンテンツ

           

書籍

書籍

ブログ著者


鹿子木 健
(かなこぎ けん)

株式会社Kanakogi Ken 代表取締役
伊丹資産防衛研究所(Itami FX)主任研究員
特定非営利活動法人教育政策ラボラトリ ファシリテーター
(国・自治体・教育関連への支援・政策提言)

1974年熊本県生まれ。
延辺大学文学部比較言語学科(中国)卒。
中国に12年間滞在。
2004年 延辺科学技術大学教養学部で教鞭をとっていたがヘッドハンティングされ、赤字だった米資本学習塾の経営を立て直す。
2008年 米資企業のウェストチャイナ法人代表取締役に就任。
香港株、外貨、中国不動産、フィリピン不動産、ゴールド・オイルCFDなどで資産を約25倍に増やす。
中国、シンガポール、米国の投資家たちと交流し世界の投機資金の流れを読むことを学ぶ。
2009年 エフピーネット株式会社代表取締役・松島修氏主宰の「新イーグルフライ」と出会う。
2011年 同氏の著書に衝撃を受け、一部の中国商業不動産を除くすべての海外投資からの撤退を決め、FXに完全シフト。
FXシフト後も証拠金を数倍に増やす。

自らFXトレードで利益を出すだけでなく、手法の開発とコーチングができる数少ない投資家。
投資・ビジネス・教育・心理学など広い視野から相場の本質をつかみ、相場から永続的に利益を得る仕組みを構築・教えることができるのが強み。
ボリンジャーバンドだけを使った「10の勝ちパターン」を開発し、初心者から上級者まで多くの人々を成功へと導いている。
1日30分以内の取引で専業トレーダー以上に稼ぎ、経済的自由だけではなく、トレードからも自由、つまりトレード時間をゼロにすることを提唱している。