2016年09月26日

デイトレでなくても大きな利益は可能

 

チャートはNZドル/ドルの週足です。

 

mz2

 

バンドウォークの本数が足りませんが、
週足でMISSION 001(売り)が発生したと見做すことが可能です。


その場合、メインシナリオは少なくともセンターライン下抜け。

 

売りを狙っていきたい相場です。

 

   *   *


先日も、ポジションサイズをFXMZを始める以前の10分の1にまで減らしたが
1年足らずで証拠金が2倍になった、

という方のお話を紹介しました。


この方は、お仕事で責任あるポジションにおられるので、
デイトレードする時間などありません。

 

現在、FXの世界で流布されている嘘の1つに

「デイトレードをしなければ儲けられない」
という考え方があります。

 

なぜ8~9割のトレーダーが負けているかという理由の1つに、
一日の大半は仕事で時間を使い、

デイトレをする時間も環境もないのに、
デイトレードをしなければ利益にならないと思い込んでいてデイトレに進んでしまう、
ということが挙げられます。

 

トレーダーの9割が仕事をもたない専業トレーダーならば、
デイトレードを積極的に勧めるのも結構だと思いますが、
9割以上は仕事(家事や育児なども含む)をもった兼業トレーダーです。

 

ですから、ほとんどのトレーダーにとって、

デイトレードは本来無縁だということになります。

 

しかし、みわたすと、なぜか、一生懸命すきま時間を探して、
なんとかデイトレのエントリーチャンスを探そうとする人が多いのです。

 

そんな都合よく、サラリーマントレーダーがスキマ時間にチャートを見た瞬間に
エントリーポイントがやってくる…などということは起こりません。

 

結果、ほとんどの素人トレーダーが、損失に泣くことになるのです。。

 

何度も言うようですが、デイトレをしてもいいのは専業トレーダーだけです。

 

「専業トレーダーになるためにデイトレをする」

というのは最も愚かなことであり、

 

「専業トレーダーになったら晴れてデイトレを始める」

というのが正しいです。

 

もっとも、専業トレーダーになっても、

トレードより大事なことに時間を使うのが理想ですが。

 

「専業トレーダーとは、一日中モニターに張り付く人ではなくトレードから得る収益で生活できる人のことです。」

 

これは、FX MISSION ZERO完全版に書いている言葉です。
http://www.xfine.info/fxmzno/

 

デイトレはお勧めしませんが、
最短距離でデイトレで成功する方法も、

10の勝ちパターンを身につけることだと思っています。

 

いろいろ試して損失を出すくらいなら、
10の勝ちパターンで利益になるデイトレーダーになってほしいです。

 

デイトレを勧めたくはない一方で、

どうしてもデイトレしたい人には、
「デイトレで勝てるようになるには10の勝ちパターン習得が近道」と言わなければならない、
そんな板挟みの状態になっています。

2016年09月22日

NZD/CADで勝ちパターン MISSION 001(売り)発生

 

今朝は、勝ちパターン MISSION 001が発生しています。

通貨ペアはNZドル/カナダドルです。

16092201

利食いターゲットはセンターライン、-1σ、-2σの順。

利食い最終ターゲットは-2σ。

損切りは+1σを終値で再度上抜けた時です。

2016年09月19日

NZドル売りの勝ちパターン MISSION 001を学ぶ

 

2016年09月15日

EUR/GBPで勝ちパターンMISSION 001発生

 

チャートはユーロ/ポンドの週足です。

 

ef

 

勝ちパターンMISSION 001(売り)が発生中です。

※MISSION 001について詳しくお知りになりたい方は、

無料メルマガにご登録ください。

MISSION 001を詳細に解説したマニュアル(PDF)をプレゼントしています。

 

   *   *

 

先週末の2周年セミナーの様子です。

 

IMG_3056

2016年09月12日

NZドル売りの勝ちパターン、MISSION 001発生

 

■週末のFX MISSION ZERO2周年セミナーでした。

 

100人以上の会員さんが集まってくださり、一緒にお祝いしました。

 

 

ミッションゼロ会員さんの特徴は、勝っている方が多いことです。

 

通常、勝っているのは1割などと言われていますが、
半数以上の会員さんが利益を出しておられるのではないかと思います。

 

3年目もどんどん利益を出していきましょう。

 

 

■今朝はNZドル売りのMISSION 001が複数の通貨ペアで発生しています。

 

チャートを3枚ご紹介します。


・NZドル/円(日足) 
mz1

 

売り方向です。

 


・NZドル/スイスフラン
mz2

 

売り方向です。

 


・ユーロ/NZドル(日足)
mz3

 

買い方向です。

 

 

   *   *

 

 

11月19日(土)に初のシンガポールセミナーを開催します。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.eagle-fly.com/se/fxmz/161119/

2016年09月07日

勝ちパターン通り、GBP上昇

2016年09月05日

ポンドクロス週足で勝ちパターンMISSION 001(買い)発生

 

2016年09月01日

8月のトレード結果と2年間のトレード結果

2016年08月29日

ユーロ/円の勝ちパターンMISSION 001

2016年08月25日

ポンド上昇。勝ちパターンで誰よりも早く買い利益にすることができる

 

■ポンドクロスが続伸しています。

 

先週、ユーロ/ポンドの勝ちパターン
MISSION 001(売り)発生をお伝えしていました。

 

それ以降、ポンドは上昇を続けています。

 

私も、この1週間は、毎日のようにポンドを買っていました。
(ユーロ/ポンドのショート、ポンド/円のロング等)

 

FX MISSION ZERO有料掲示板では、
私の取引をリアルタイムで公開しています。

 


さて、ポンド買いの勝ちパターン発生以来の動きを整理してみます。

 

●ポンド/円 → シナリオ通り上昇 → 続伸

●ポンド/カナダドル → シナリオ通り上昇 → 続伸

●ポンド/スイスフラン → シナリオ通り上昇 → 続伸

●ユーロ/ポンド → シナリオ通り下落 → 続落


次に注目したいのは、ポンド/豪ドルの週足です。

 

・ポンド/豪ドル(週足)
16082502


来週以降、MISSION 001(売り)発生する可能性が高まっています。


そろそろポンド買いを推奨してくる
マーケットコメントが増えてくると思いますが、

その頃には既に大きな利益を確定しているか、
含み益を伸ばした状態になっているのが、
勝ちパターンでのトレードです。


大衆心理が買いにかたむく頃には、利食いを完了して、
次のターゲットを探すことができます。


   *   *


みなさんお考えになったことがあるかどうかわかりませんが、
大事なことをだと思うのでお伝えしたいと思います。

 

誰のトレードをお手本にしたらいいのか?
誰にトレードを習えばいいのか?
誰の考え方を参考にすればいいのか?

 

混乱している方が多いと感じているので、整理してみます。

 

プロにはさまざまな種類のプロが存在します。

 

1、経済学のプロ
2、為替(評論)のプロ
3、銀行業務(外国為替部門)のプロ
4、トレードのプロ
5、ファンド運用のプロ
6、コーチングのプロ
7、資産形成のプロ
8、FPのプロ
9、セミナーのプロ
10、メルマガのプロ
11、ビジネスのプロ
12、ブログのプロ

 

このことをわかっていない人が多すぎます。

 

これを間違えると、スキルや考え方を盗もうとした結果、
私たちの大事なお金や時間、さらに心までも
逆にその人たちから盗まれることになります。

有料コンテンツ

           

ブログ著者


鹿子木 健
(かなこぎ けん)

株式会社Kanakogi Ken 代表取締役
伊丹資産防衛研究所(Itami FX)主任研究員
特定非営利活動法人教育政策ラボラトリ ファシリテーター
(国・自治体・教育関連への支援・政策提言)

1974年熊本県生まれ。
延辺大学文学部比較言語学科(中国)卒。
中国に12年間滞在。
2004年 延辺科学技術大学教養学部で教鞭をとっていたがヘッドハンティングされ、赤字だった米資本学習塾の経営を立て直す。
2008年 米資企業のウェストチャイナ法人代表取締役に就任。
香港株、外貨、中国不動産、フィリピン不動産、ゴールド・オイルCFDなどで資産を約25倍に増やす。
中国、シンガポール、米国の投資家たちと交流し世界の投機資金の流れを読むことを学ぶ。
2009年 エフピーネット株式会社代表取締役・松島修氏主宰の「新イーグルフライ」と出会う。
2011年 同氏の著書に衝撃を受け、一部の中国商業不動産を除くすべての海外投資からの撤退を決め、FXに完全シフト。
FXシフト後も証拠金を数倍に増やす。

自らFXトレードで利益を出すだけでなく、手法の開発とコーチングができる数少ない投資家。
投資・ビジネス・教育・心理学など広い視野から相場の本質をつかみ、相場から永続的に利益を得る仕組みを構築・教えることができるのが強み。
ボリンジャーバンドだけを使った「10の勝ちパターン」を開発し、初心者から上級者まで多くの人々を成功へと導いている。
1日30分以内の取引で専業トレーダー以上に稼ぎ、経済的自由だけではなく、トレードからも自由、つまりトレード時間をゼロにすることを提唱している。